調剤薬局事務問題ってどんなもの?

MENU

調剤薬局事務の問題を解きまくる前に

近年、医薬分業によって薬は病院の外で処方するようになりました。

 

そこで、医療事務の会計とは別に、薬の調合に関する会計が必要となり誕生したのがこの職種です。

 

患者さんへの対応(問診票のデータベースへの記載、新規のお薬手帳の作成等)、薬剤師への引き継ぎ、薬の在庫確認、会計作業、レセプト(診療報酬明細)の集計と診療報酬請求など、多種多様な能力が要求されます。

診療報酬請求とは
医療機関が被保険者である患者に施した様々な処置(入院や手術など)について、1点=10円という、予め決められた点数をもとに審査・支払い機関(国民健康保険団体連合会など)に請求すること

 

また、医療に携わるお仕事なので、場合によっては命に関わることが発生することも予想されます。
会計のほか、こういった面でも、当然ミスは許されません。

こういった、複雑な仕事を迅速にこなしながらも、常に患者さんに配慮できることが大切なスキルの一つとなります。

 

求人広告には「未経験者OK」と謳っているものも見受けられ、なんだか間口が広いように思われるかも知れませんが、実は資格を持っていることが前提となっていることが多いのも事実です。
また、一般の会社同様にパソコンは普及しています。

最近は受注管理ソフトのような便利なシステムも出てきました。
しかし、最低限のパソコン操作は必要になってきます。
プロフェッショナルとは行かなくても、仕事で多少なりとも使用するであろう最低限のパソコンスキルは身につけておきましょう。

 

※実際は資格がなくても就職することは可能です。逆に資格所有者を一人も保持していない薬局もありますが、時給アップのためには取得しておいて損はないと思います。
人気の高い職業でもありますので、少しでも有利になるように、ぜひ資格を習得することをおすすめします。

 

忙しいAKBでも資格がとれてます。ぜひ、頑張って資格を取得してください

 

 





案外簡単かも?

実は医療事務で扱う分野よりも格段に必要知識は狭くなります。
それでも豊富な知識で働くための資格「医療事務管理士」を取得しましょう。

 

調剤薬局事務試験問題を解いて絶対合格するサイト調剤薬局事務試験問題を解いて絶対合格するサイト

 

資格を取得して医療系のデスクワークにつきたい方のための応援サイトです。

どんな問題がでるのか気になる方。
すでに勉強して実力を試したい方。

 

下記問題にチャレンジしてみてください。

調剤薬局事務問題 早速1問目にチャレンジ!

 

気になる給料ってどれくらい?

 

管理士という資格について
 

 

チャレンジテスト!登録販売者になろう!登録販売者試験.comへ

 

更新履歴