調剤薬局事務薬物療法に関する問題

MENU

試験前にチャレンジしてください。

調剤薬局事務試験 チャレンジ問題31〜40

 

【第31問】 薬物療法に関する次の記述の空欄に当てはまる言葉を書きなさい。

 

・インフルエンザにかからないようにする等の療法を、(        )という。
・糖尿病患者の(     )投与等、不足している物質を投与する治療法を(       )という。

 

【解答】はこちら⇒

 

 

 

 

 

 

【第32問】 全国健康保険協会管掌健康保険に関する次の記述のうち、正しいものには○、誤っているものには×を記入しなさい。

 

(1) 全国健康保険協会管掌健康保険の保険者は、全国健康保険協会です。             (   )                      
(2) 全国健康保険協会管掌健康保険の対象者は、民間の事業所の事業主と従業員でその家族は含まれない。           (   )                                       

【解答】はこちら⇒

 

 

 

 

 

【第33問】 医薬分業に関する次の記述のうち、正しいものには○、誤っているものには×を記入しなさい。

 

(1) 薬剤の処方や患者の診察は、保険医が行う。  (   )                      
(2) 保険薬剤師は、処方せんに基づいて、薬剤の調剤を行うが、説明はしない。  (   )                                                                       

 

【解答】はこちら⇒





基礎知識を身につけよう

【第34問】 処方せんの記載に関する次の記述の空欄に当てはまる言葉を書きなさい。

 

・処方せんに記載する薬の量は、(     )は1日分の量、外用薬は(      )、(     )は、1回分の量である。
・薬剤の剤形により(     )が異なり、錠剤はT、カプセルは、(   )である。

 

【解答】はこちら⇒

 

 

 

 

 

【第35問】薬物の体内で働きについて当てはまる言葉を空欄に書きなさい。

 

・代謝、排泄とは、代謝された薬物は、糞便や(   )へ排泄される。一部は、呼気中や(     )排泄されるものもある。
・生体内における薬物の変化を吸収、分布、(     )、排泄という。

 

【解答】はこちら⇒

 

 

 

 

 

【第36問】 規制医薬品に関する次の記述のうち、正しいものには○、誤っているものには×を記入しなさい。

 

(1) 覚せい剤原料は、エフェドリン等の含有率が7%以下の場合は規制の対象とならない。 (   )                      
(2) 麻薬とは、麻薬や向精神薬取締法で指定されている医薬品である。 (   )                                                                       

 【解答】はこちら⇒

 

 

 

 

 

 

【第37問】 医薬品の分類に関する次の記述のうち、正しいものには○、誤っているものには×を記入しなさい。

 

(1) 一般用医薬品と薬事法の分類では、一般用医薬品と業務用医薬品に分けられる。 (   )                      
(2) 医薬品の使用対象は、人だけでなく、動物も使用対象になる。   (   )                                                                       

【解答】はこちら⇒

 

 

 

 

 

【第38問】 薬理作用について当てはまる言葉を空欄に書きなさい。

 

・薬物を適用した部分に限定して起こる作用を(   )という。
・一般作用とは、薬物が、どの(   )にも広範囲に反応する作用である。
・薬を服用する目的以外に生じた作用を(     )という。

 

【解答】はこちら⇒

 

 

 

 

 

【第39問】 薬事法について当てはまる言葉を空欄に書きなさい。

 

・医薬品、(     )、化粧品、医療機器の品質等の有効性や(     )の確保に必要な規制を(     )という。
・医薬品は、(     )に収められているものや疫病、(    )、予防に使用されるものである。

 

【解答】はこちら⇒

 

 

 

 

 

 

【第40問】 保険調剤の書類に関する次の記述のうち、正しいものには○、誤っているものには×を記入しなさい。
(1) 調剤録の保存期間は、その最終記入日から5年である。   (   )                      
(2) 処方せんの保存期間は調剤済みとなった日から3年間である。 (   )                                                                       

 

【解答】はこちら⇒

調剤薬局事務 問題31〜40記事一覧

【第31問】薬物療法に関する次の記述の空欄に当てはまる言葉を書きなさい。・インフルエンザにかからないようにする等の療法を、(   予防療法     )という。・糖尿病患者の(  インシュリン   )投与等、不足している物質を投与する治療法を(   補充療法  )という。

【第32問】 全国健康保険協会管掌健康保険に関する次の記述のうち、正しいものには○、誤っているものには×を記入しなさい。(1) 全国健康保険協会管掌健康保険の保険者は、全国健康保険協会です。             (   )                      (2) 全国健康保険協会管掌健康保険の対象者は、民間の事業所の事業主と従業員でその家族は含まれない。           (   ...

【第33問】 医薬分業に関する次の記述のうち、正しいものには○、誤っているものには×を記入しなさい。(1) 薬剤の処方や患者の診察は、保険医が行う。  (   )                      (2) 保険薬剤師は、処方せんに基づいて、薬剤の調剤を行うが、説明はしない。  (   )     【解答】 (1) ○  (2) ×

【第34問】 処方せんの記載に関する次の記述の空欄に当てはまる言葉を書きなさい。・処方せんに記載する薬の量は、(  内服薬   )は1日分の量、外用薬は(  投与した全量    )、(   屯服薬   )は、1回分の量である。・薬剤の剤形により(  表示単位   )が異なり、錠剤はT、カプセルは、( C  )である。

【第35問】薬物の体内で働きについて当てはまる言葉を空欄に書きなさい。・代謝、排泄とは、代謝された薬物は、糞便や( 尿中  )へ排泄される。一部は、呼気中や(  汗中 )排泄されるものもある。・生体内における薬物の変化を吸収、分布、(  代謝   )、排泄という。

【第36問】 規制医薬品に関する次の記述のうち、正しいものには○、誤っているものには×を記入しなさい。(1) 覚せい剤原料は、エフェドリン等の含有率が7%以下の場合は規制の対象とならない。 (   )                      (2) 麻薬とは、麻薬や向精神薬取締法で指定されている医薬品である。 (   )          【解答】(1) ×  (2) ○

【第37問】 医薬品の分類に関する次の記述のうち、正しいものには○、誤っているものには×を記入しなさい。(1) 一般用医薬品と薬事法の分類では、一般用医薬品と業務用医薬品に分けられる。 (   )                      (2) 医薬品の使用対象は、人だけでなく、動物も使用対象になる。   (   )  【解答】(1) ×  (2) ○

【第38問】 薬理作用について当てはまる言葉を空欄に書きなさい。 ・薬物を適用した部分に限定して起こる作用を( 局所作用 )という。 ・一般作用とは、薬物が、どの(  組織  )にも広範囲に反応する作用である。 ・薬を服用する目的以外に生じた作用を(   副作用  )という。解答     

【第39問】 薬事法について当てはまる言葉を空欄に書きなさい。 ・医薬品、(  医薬部外品   )、化粧品、医療機器の品質等の有効性や( 安全性    )の確保に必要な規制を(  薬事法   )という。 ・医薬品は、(   日本薬局方  )に収められているものや疫病、(  治療  )、予防に使用されるものである。

【第40問】 保険調剤の書類に関する次の記述のうち、正しいものには○、誤っているものには×を記入しなさい。(1) 調剤録の保存期間は、その最終記入日から5年である。   (   )                      (2) 処方せんの保存期間は調剤済みとなった日から3年間である。 (   )       【解答】(1) ×  (2) ○