調剤薬局事務問題 外用薬の投与方法について

MENU

試験前にチャレンジしてください。

調剤薬局事務試験 チャレンジ問題21問目からスタート

 

【第21問】外用薬の投与方法について当てはまる言葉を空欄に書きなさい。

 

・直接皮膚に塗ったり擦り込んだりして使用する薬物は、(     )やクリ−ム剤である。
・テ−プのように皮膚から粘着させて作用させる薬物は、(     )や貼付剤である。
・気管支細胞に直接作用させるもので、(    )の吸入エアゾ−ル剤がある。

 

【解答】はこちら⇒

 

 

 

 

 

 

【第22問】 医薬品安定性の試験に関する次の記述のうち、正しいものには○、誤っているものには×を記入しなさい。

 

(1) 加速試験とは、流通期間中の医薬品の品質を評価するために短期間で推定するための試験である。 (   )

 

(2) 長期保存試験とは、医薬品の流通期間中に起こる可能性のある極端な条件のもとにおいて、品質の変化を予測するための試験である。 (   )

 

【解答】はこちら⇒

 

 

 

 

 

 

【第23問】 後期高齢者医療制度に関する次の記述のうち、正しいものには○、誤っているものには×を記入しなさい。

 

(1) 後期高齢者医療制度における保険料は、被保険者ごとに課され、
原則として年額18万円以上の年金受給者の保険料は、年金からの天引きになる。  (   )       

 

(2) 後期高齢者医療制度の法別番号は「36」である。 (   )

 

【解答】はこちら⇒





どんどん問題を解いていこう

【第24問】 介護保険に関する次の記述の空欄に当てはまる言葉を書きなさい。
・居宅療養管理指導費や(        )を算定した際に、薬代などが発生した場合、これらの費用は(       )を用いて調剤報酬として請求する。

 

・保険医が交付した処方せんによる支持に基づいて、(      )が訪問計画を作成する。

 

【解答】はこちら⇒

 

 

 

 

 

 

【第25問】 組合管掌健康保険、各種共済組合に関する次の記述のうち、正しいものには○、誤っているものには×を記入しなさい。
(1) 各種共済組合における被保険者の一部負担割合は、被保険者は2割、被扶養者は3割である。    (   )     

 

(2) 組合管掌健康保険は、単独で700人以上の事業所は、厚生労働大臣の許可を受けて設立することができる。 (   )

 

【解答】はこちら⇒

 

 

 

 

【第26問】 保険調剤のしくみに関する次の記述の空欄に当てはまる言葉を書きなさい。

 

・保険医療機関内の薬局で患者に薬を渡すことを(      )といい、
患者が処方せんを(       )に提出して薬を受け取ることを(       )という。

 

【解答】はこちら⇒

 

 

 

 

 

 

【第27問】 調剤報酬明細書に関する次の記述の空欄に当てはまる言葉を書きなさい。

 

・保険種別1欄の記載について「2 公費」に該当する(     )は、社保、(   )、後期高齢者医療、(     )との併用の場合も含まれる。

 

【解答】はこちら⇒

 

 

 

 

 

【第28問】 調剤薬局の指導等に関する次の記述のうち、正しいものには○、誤っているものには×を記入しなさい。

 

(1) 薬剤服用暦に記録するものは、患者の氏名、生年月日、副作用暦等書く必要がある。  (   )     

 

(2) 保険薬剤師は、患者が薬を安心して服用できるように、手帳を発行するが、薬剤服用暦は作成する必要はない。 (   )       

 

【解答】はこちら⇒

 

 

 

 

 

 

【第29問】 薬に関する次の記述のうち、正しいものには○、誤っているものには×を記入しなさい。

 

(1) 有機化合物とは、二酸化炭素等の炭素を含む化合物の総称である。 (   )    

 

(2) 薬物とは、生態に何らかの作用を及ぼす化学物質のことである。 (   )                                       

 

【解答】はこちら⇒

 

 

 

 

【第30問】 一般薬と規制医薬品に関する次の記述の空欄に当てはまる言葉を書きなさい。

 

・医薬品には、(        )と規制医薬品がある。

 

・麻薬や覚せい剤以外の(       )の生じやすい医薬品を(       )という。

 

【解答】はこちら⇒

調剤薬局事務 問題21〜30記事一覧

【第21問】外用薬の投与方法について当てはまる言葉を空欄に書きなさい。 ・直接皮膚に塗ったり擦り込んだりして使用する薬物は、(  軟膏   )やクリ−ム剤である。 ・テ−プのように皮膚から粘着させて作用させる薬物は、(  パップ剤   )や貼付剤である。 ・気管支細胞に直接作用させるもので、(  喘息  )の吸入エアゾ−ル剤がある。

【第22問】 医薬品安定性の試験に関する次の記述のうち、正しいものには○、誤っているものには×を記入しなさい。(1) 加速試験とは、流通期間中の医薬品の品質を評価するために短期間で推定するための試験である。 (   )(2) 長期保存試験とは、医薬品の流通期間中に起こる可能性のある極端な条件のもとにおいて、品質の変化を予測するための試験である。 (   )【解答】(1) ○  (2) ×

【第23問】 後期高齢者医療制度に関する次の記述のうち、正しいものには○、誤っているものには×を記入しなさい。(1) 後期高齢者医療制度における保険料は、被保険者ごとに課され、原則として年額18万円以上の年金受給者の保険料は、年金からの天引きになる。  (   )       (2) 後期高齢者医療制度の法別番号は「36」である。 (   )【解答】 (1) ○  (2) ×

【第24問】 介護保険に関する次の記述の空欄に当てはまる言葉を書きなさい。 ・居宅療養管理指導費や(   介護予防居宅療養管理指導費     )を算定した際に、薬代などが発生した場合、これらの費用は(   調剤レセプト    )を用いて調剤報酬として請求する。 ・保険医が交付した処方せんによる支持に基づいて、(   保険薬剤師   )が訪問計画を作成する。

【第25問】 組合管掌健康保険、各種共済組合に関する次の記述のうち、正しいものには○、誤っているものには×を記入しなさい。(1) 各種共済組合における被保険者の一部負担割合は、被保険者は2割、被扶養者は3割である。    (   )     (2) 組合管掌健康保険は、単独で700人以上の事業所は、厚生労働大臣の許可を受けて設立することができる。 (   )【解答】(1)   ?    (2) ○

【第26問】 保険調剤のしくみに関する次の記述の空欄に当てはまる言葉を書きなさい。 ・保険医療機関内の薬局で患者に薬を渡すことを(    院内処方    )といい、患者が処方せんを(    保険薬局    )に提出して薬を受け取ることを(   院外処方    )という。

【第27問】 調剤報酬明細書に関する次の記述の空欄に当てはまる言葉を書きなさい。 ・保険種別1欄の記載について「2 公費」に該当する(  被保険者   )は、社保、(   国保 )、後期高齢者医療、(  退職者医療    )との併用の場合も含まれる。

【第28問】 調剤薬局の指導等に関する次の記述のうち、正しいものには○、誤っているものには×を記入しなさい。(1) 薬剤服用暦に記録するものは、患者の氏名、生年月日、副作用暦等書く必要がある。  (   )     (2) 保険薬剤師は、患者が薬を安心して服用できるように、手帳を発行するが、薬剤服用暦は作成する必要はない。 (   )   【解答】(1) ○  (2) ×

【第29問】 薬に関する次の記述のうち、正しいものには○、誤っているものには×を記入しなさい。(1) 有機化合物とは、二酸化炭素等の炭素を含む化合物の総称である。 (   )    (2) 薬物とは、生態に何らかの作用を及ぼす化学物質のことである。 (   )       【解答】 (1) ×  (2) ○

【第30問】 一般薬と規制医薬品に関する次の記述の空欄に当てはまる言葉を書きなさい。・医薬品には、(     一般薬   )と規制医薬品がある。・麻薬や覚せい剤以外の(  習慣性     )の生じやすい医薬品を(    習慣性医薬品   )という。解答