調剤薬局事務 調剤レセプト問題

MENU

試験前にチャレンジしてください。

調剤薬局事務試験 チャレンジ問題 41〜50

 

【第41問】 調剤レセプトの「摘要」欄の記載に関する記述のうち、正しいものには○、誤っているものには×を記入しなさい。

 

(1) 摘要欄に記載しきれない場合は、処方欄下部の余白部分に記載しても良い。   (   )                      
(2) 時間外加算や深夜加算を算定した場合は、月日や時間を記載するが、事由などは書かなくてよい。  (   )                                                                       

【解答】はこちら⇒

 

 

 

 

 

【第42問】 薬剤料について当てはまる言葉を空欄に書きなさい。

 

・所定単位分の合計薬価が15円以下のである場合、(     )は、1点となる。
・内服薬の所定単位は1剤(  )日分である。
・外用薬、屯服薬、(   )は、1日分が所定単位である。

 

【解答】はこちら⇒

 

 

 

 

【第43問】 調剤基本料加算の記載に関する記述のうち、正しいものには○、誤っているものには×を記入しなさい。

 

(1)木曜日を休業日とする保険薬局で、木曜日の午前2時に処方せんを受け付けた場合は、時間外加算を算定する。 (   )                      
(2) 午後6時までを開局時間とする保険薬局で、平日の午後8時に処方せんを受け付けた場合は、時間外加算を算定する。 (   )                                                                       

 

【解答】はこちら⇒





処方の基礎知識

【第44問】 処方の基礎知識について当てはまる言葉を空欄に書きなさい。

 

・薬剤中に含まれる1有効成分の量を(     )という。
・処方せんには、薬剤の(     )を表示しなければならない。
・力価は、(   )の単位であらわす。

 

【解答】はこちら⇒

 

 

 

 

 

【第45問】 調剤報酬の算定について何料か当てはまる言葉を空欄に書きなさい。

 

・保険薬局が薬剤を調剤する手間に対して算定するものを(     )という。
・保険薬剤師が、患者の薬剤の服用に関して、管理や指導等をおこなうものを(     )という。

 

【解答】はこちら⇒

 

 

 

 

 

 

【第46問】 調剤料の加算に関する記述のうち、正しいものには○、誤っているものには×を記入しなさい。

 

(1) 自家製剤加算は、錠剤、カプセル剤等の内服薬の場合、投与日数が6日または、その端数を増すごとに算定する。 (   )                      
(2) 計量混合調剤加算は、薬価基準に収載されている2種類以上の医薬品を計量し、混合して調剤した場合に算定する。 (   )                                                                                                            

【解答】はこちら⇒

 

 

 

 

 

 

【第47問】 調剤料に関する記述のうち、正しいものには○、誤っているものには×を記入しなさい。

 

(1) 内服薬とは、1日の服用に時間的・量的に一定の決まりのあるものをいう。  (   )                      
(2) 屯服薬とは、特定の症状が出た時に定期的に投与し、その効果が期待できるものをいう。  (   )                                                                                                        

 

【解答】はこちら⇒

 

 

 

 

【第48問】 調剤基本料加算について当てはまる言葉を空欄に書きなさい。

 

・日曜、祝日を休業日とする保険薬局で、祝日の午後8時に処方せんを受け付けた場合は(   )加算を算定する。
・深夜加算、休日加算、(     )は重複して算定することはできない。

 

【解答】はこちら⇒

 

 

 

 

 

【第49問】 処方欄の記載される服用方法表示について当てはまる言葉を空欄に書きなさい。

 

・服用時点の表示のうち、「分2」とは、薬剤を「1日(    )に分けて服用する」ということである。
・服用時点とは、薬を飲む(     )のことを意味し、食前、食後、(    )等をいう。

 

【解答】はこちら⇒

 

 

 

 

 

【第50問】 保険調剤の実務に関する記述のうち、正しいものには○、誤っているものには×を記入しなさい。
(1) 処方欄の医薬品名は、一般名または銘柄名処方のいずれかにより医薬品名を記載する。  (   )                      
(2) 麻薬を処方した場合は、処方せんの備考欄に患者の住所と保険医の氏名を記載する。 (   )                                                                                                            

 

 

【解答】はこちら⇒

調剤薬局事務 問題41〜50記事一覧

【第41問】 調剤レセプトの「摘要」欄の記載に関する記述のうち、正しいものには○、誤っているものには×を記入しなさい。(1) 摘要欄に記載しきれない場合は、処方欄下部の余白部分に記載しても良い。   (   )                      (2) 時間外加算や深夜加算を算定した場合は、月日や時間を記載するが、事由などは書かなくてよい。  (   )   【解答】(1) ○  (2) ...

【第42問】 薬剤料について当てはまる言葉を空欄に書きなさい。・所定単位分の合計薬価が15円以下のである場合、(  単位薬剤料   )は、1点となる。・内服薬の所定単位は1剤( 1 )日分である。・外用薬、屯服薬、( 注射薬   )は、1日分が所定単位である。

【第43問】 調剤基本料加算の記載に関する記述のうち、正しいものには○、誤っているものには×を記入しなさい。(1)木曜日を休業日とする保険薬局で、木曜日の午前2時に処方せんを受け付けた場合は、時間外加算を算定する。 (   )                      (2) 午後6時までを開局時間とする保険薬局で、平日の午後8時に処方せんを受け付けた場合は、時間外加算を算定する。 (   ) 【...

【第44問】 処方の基礎知識について当てはまる言葉を空欄に書きなさい。・薬剤中に含まれる1有効成分の量を(  力価   )という。・処方せんには、薬剤の(  有効成分   )を表示しなければならない。・力価は、(  mg  )の単位であらわす。

【第45問】 調剤報酬の算定について何料か当てはまる言葉を空欄に書きなさい。・保険薬局が薬剤を調剤する手間に対して算定するものを(  調剤料 )という。・保険薬剤師が、患者の薬剤の服用に関して、管理や指導等をおこなうものを(   薬学管理料  )という。

【第46問】 調剤料の加算に関する記述のうち、正しいものには○、誤っているものには×を記入しなさい。(1) 自家製剤加算は、錠剤、カプセル剤等の内服薬の場合、投与日数が6日または、その端数を増すごとに算定する。 (   )                      (2) 計量混合調剤加算は、薬価基準に収載されている2種類以上の医薬品を計量し、混合して調剤した場合に算定する。 (   )  【解答...

【第47問】 調剤料に関する記述のうち、正しいものには○、誤っているものには×を記入しなさい。(1) 内服薬とは、1日の服用に時間的・量的に一定の決まりのあるものをいう。  (   )                      (2) 屯服薬とは、特定の症状が出た時に定期的に投与し、その効果が期待できるものをいう。  (   )                                   ...

【第48問】 調剤基本料加算について当てはまる言葉を空欄に書きなさい。・日曜、祝日を休業日とする保険薬局で、祝日の午後8時に処方せんを受け付けた場合は( 休日  )加算を算定する。・深夜加算、休日加算、(  時間外加算   )は重複して算定することはできない。

【第49問】 処方欄の記載される服用方法表示について当てはまる言葉を空欄に書きなさい。・服用時点の表示のうち、「分2」とは、薬剤を「1日( 2回   )に分けて服用する」ということである。・服用時点とは、薬を飲む(   時間   )のことを意味し、食前、食後、(  就寝前  )等をいう。

【第50問】 保険調剤の実務に関する記述のうち、正しいものには○、誤っているものには×を記入しなさい。(1) 処方欄の医薬品名は、一般名または銘柄名処方のいずれかにより医薬品名を記載する。  (   )                      (2) 麻薬を処方した場合は、処方せんの備考欄に患者の住所と保険医の氏名を記載する。 (   )    【解答】(1) ○  (2) ×